脱毛サロンで脱毛を受けるときは焼けに注意

脱毛サロンで脱毛を受けようと思ったら、日焼けに注意しましょう。日焼けをしているとお手入れを受けられなくなる可能性があります。
サロンで行っている脱毛は、毛が持つメラニンに光を吸収させて熱で毛根を処理しています。日焼けをした肌はメラニンが多く存在しているので、脱毛器の光が毛だけでなく肌のメラニンにも反応して脱毛効果が減少します。
光脱毛をすると肌が熱を持ちます。日焼けした肌はやけどした状態と同じようなもので熱を持っています。熱を持ったところに熱を加えると、火に油をそそぐのと同じでやけどがひどくなって炎症を起こす可能性があります。
このため、日焼けをしていると脱毛サロンで脱毛を断られます。
脱毛を受けるときは、普段から紫外線対策をしっかりしましょう。夏場は暑いかもしれませんが、薄手でもいいので長袖を着る、日焼け止めを塗る、帽子をかぶる、日傘をさすなどしましょう。午前10時から午後2時は紫外線が強い時間帯です。この時間の外出は控えるとよいです。